「新嘗祭」を行いました


11月23日(日)、上杉神社で開催されました

「上杉松岬両神社 新穀感謝祭」に参列して参りました。

下の写真は、会場となりました上杉神社です↓

 

 

 

 

 

 

祭事には、約20名の方が参列されました。

 

 

 

 

 

 

厳かな雰囲気で祭事は進み、

稔りの会メンバーも玉串を捧げました。

 

 

 

 

 

 

新穀祭は、『新嘗祭(にいなめさい)』ともいいます。

新嘗祭とは・・・

宮中祭祀の一つで、

11月23日に天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、

また自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝するとともに、

神の御霊を身に体して生命を養う。

宮中三殿の近くにある神嘉殿(しんかでん)にて執り行われる。

・・・とのこと。(ウィキペディアより引用)

 

日本では、

古くから各地で五穀の収穫を祝う風習があったとされます。

宮中祭祀の中では、最も重要な祭事として

古代から行われてきたものなんですね。

 

今回参列させていただき、お米を食することができる幸せを

改めて感じることができました。

上杉神社の皆様、関係者の皆様、

ありがとうございました。